タグ:雪 ( 3 ) タグの人気記事

雪を降らせましょう。

d0145757_1712129.jpg


メリークリスマス!!・・・ってホントは明日なんでしょうが、今日は朝からテレビでもラジオでもみんなして「メリークリスマス!」。

・・・お久しぶりです。なんだか毎日忙しく過ごしていたら、いつの間にやらクリスマス・イヴ!すっかり年末じゃないですか!年賀状に掃除に・・・何にもやってません!
でもまあ、今日はクリスマス・イヴ。キリスト教徒でも何でもないけど、今日くらいはゆっくり神とか命とか、愛とか平和とかについて、神聖な気持ちで感じてみましょう。日々あわただしい我々、年に一度くらいはこんな時間も必要です。

クリスマスといえば、ドラマなんかでは決まって雪が降ってくれますよね。でも実際にクリスマス前後に雪が降ることは私の居住地ではほとんどありません。
なんで、部屋の中にちょこっと雪でも降らせてみようかな・・・と思ってみました。

写真の紋は「初雪」というかわいらしい紋です。
切った紋を型紙に白い紙を細長く切って蛇腹折りにしたものを、量端をつなげて切ってみました。
簡単にできる割にはいい感じですよ。もっとたくさん作ったら結構雪らしくなるだろうし、このままツリーに飾ってもキレイでしょ?
やはりお勧めの紙は和紙とかとレーシングペーパー。でも普通のコピー用紙でも十分かわいくできました。

エアコンの風にも揺れるし、白以外の色で作っても楽しいかも。
雪の紋だから冬の間じゅう飾っておけるしね。
[PR]
by hananana7s | 2008-12-24 17:13 | 紋のある生活

雪の結晶の紋

d0145757_16473124.jpg

冬の紋切り遊びです。ほら、こんなにきれいな雪の結晶が生まれます。
素敵でしょ?冬の季節にピッタリ。紋切り遊びには、このほかにも「なだれ雪輪」や「こもり雪」など、色々な雪の紋切り(紋)があります。

ところでこの紋切りの、美しい六角形の雪の結晶、実はこれを発見したのは江戸時代で、土井禄位(どいとしつら)という下総古河(今の茨城県)のお殿様なんです。

雪の結晶は当時、世界的にも先駆的発見だったそうです。すごいですね!

土井禄位(どいとしつら)は蘭学者の家老と一緒に20年もの間、南蛮渡来の顕微鏡を覗いては忠実にスケッチを続け、遂には『雪華図説』という本まで出版してしまったんです。

これを目にした江戸の町の人々はその美しさにビックリ。すぐに着物や手ぬぐいの柄などに取り入れるなど(雪輪など)大流行し、家紋にまでなったそうです。江戸時代の人たちの好奇心とセンスのよさには脱帽です。

雪の結晶を紋章に取り入れているのは日本くらいなんですって。
今見ても古さを感じさせない、むしろ新しくさえ感じてしまう紋切りの紋様です。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-22 16:49 | 自然モチーフの紋

型紙:初雪・矢雪

d0145757_128198.jpg

以前「紋切りのやり方」でも紹介した紋「初雪」の型紙です。
それだけでは新鮮味がないので、同じ“雪”モチーフの紋「矢雪」の型紙も載せました。

三つ折にした折り紙にこの型紙をのせて切ってみると・・・
[PR]
by hananana7s | 2008-01-22 12:18 | 自然モチーフの紋