<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

水無月

d0145757_13333815.jpg

六月になりました。
最近よく雨が降るなァと思っていたら、いつの間にか「梅雨入り」してました。
「梅雨」って、以前は嫌いな季節でした。雨は降るし洗濯物は乾かないし、蒸し暑かったり肌寒かったり。
でも最近ではそう悪くないなと思います。
雨に濡れるアジサイも美しく、雨の音を聞きながら読書をしたり掃除をしたり。雨上がりのキラキラした景色も新鮮に感じれます。

ところで、六月のことを「水無月(みなづき)」ともいいますが、同じ名前の和菓子があることをご存じですか?
三角形の白いお餅に小豆を乗せたお菓子です。
このお菓子、そもそも正式には6月30日の一日に限って食べられるための和菓子なんです。
その昔、一年の折り返し点であるその日には各地の神社で「夏越の祓」という、暑い夏を元気で乗り切れるよう願いを込めた神事が行われていました。平安時代の貴族たちは、この日に氷を食べて暑気を払っていました。でも昔は今のように冷凍庫などはありません。氷は高級品で一般の人々には手の届かないモノでした。
そこで、氷にみたてた和菓子を作り、それを食べて邪気をはらっていたそうです。
なのでこの「水無月」三角の形は氷を模したもの、上に乗っている小豆は悪魔払いの意味があります。

私も早速、近所のお気に入りの和菓子屋さんに買いに行きました。
そのお店の方が「今年から「水無月」に参加します。」と言われてました。聞くところによると、所属する和菓子協会なるところに参加意思を示して、いろいろな条件その他をクリアしなければいけないらしく、勝手に作れるわけではないそうです。
水無月といえば三角・・・なはずなんですが、なぜかここの水無月は四角。三角に切って食べようかとも思いましたが、せっかく和菓子屋さんが一生懸命作ってくれたんだし、そのまま。
せっかくなので懐紙に紋切りの「花杜若」をあしらって、雰囲気も一緒にいただきま~す。
[PR]
by hananana7s | 2008-06-03 13:34 | 紋のある生活