<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

気持ちを送る

d0145757_040132.jpg

前回に引き続き、「気持ちを送る」をテーマにしたいと思います。
最近では、メールなどで気持ちを伝えることが多いかと思います。確かに感じたときのリアルさが伝わってきていいと思いますが、たまにはその人のことを思いながら、手書きのメッセージをカードに書いて送るのも素敵なことですよね。
普段は照れくさくてなかなかいえない感謝の言葉や愛のこもった言葉、今までの思い出や励ましの言葉・・・
アナログな、あったかい気持ちを美しい花や相手の幸せを願う縁起物の紋とともに送ってみてください。

写真の大きな方は二つ折りのカードの表紙です。色画用紙に紋(禿菊:かむろぎく)をちょっとずらして貼ってみました。中には同じ(またはひとまわり小さい)大きさの白い紙を挟みこんでいます。
左の小さなものは、名刺サイズのカードです。白い無地のカードに紋(角宝結び)を貼っています。裏に(またはこの面にでもいいかも)メッセージを書きます。

切った紋を貼るだけで、ちょっと和風なしゃれたカードになります。
[PR]
by hananana7s | 2008-03-17 00:41 | 紋のある生活

心に花を添えて

d0145757_1227888.jpg

3月になりました。ようやく穏やかな天気になってきましたね。
春は出会いと別れの季節。卒園、卒業、就職、転勤、引越し・・・3月はとりわけ「別れ」の季節かな。
そんな時、お世話になった方や仲の良かった友達に小さな感謝のプレゼント。その包装に、こんな工夫はいかがでしょう。
・・・花咲く小さな贈り物。

【作り方】
①パラフィン紙もしくはトレーシングペーパーのように透ける素材の紙の袋を2枚重ねます。(写真のはトレーシングペーパーで袋を作りました)
内側の紙袋は色の着いたものでもきれいかも。

②小さめに作った紋(写真は「初雪」:小花に見立てて)を重ねた紙の間に入れる。
内側の紙に糊付けしてもいいけど、中で動いて雰囲気が変わるのもいいですよ。

③紙袋の上部にパンチで穴を開けてリボンを通す。
[PR]
by hananana7s | 2008-03-10 12:29 | 紋のある生活