<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春を待つ~梅の花の紋

d0145757_23365234.jpg

最近、ずいぶん寒い日が続きますね。今までが暖かすぎたのかもしれませんが・・・それにしても寒い。
でも今日、植物園の通り道に梅の花が咲いているのを見つけました。小さな春の足音をそっと教えてくれているようでした。

1200年以上前、最初は薬として中国から伝わった梅の花。平安貴族に好まれ、当時は花見といえば桜ではなく梅だったそうです。

紋にも多くの梅の花が登場します。その中で今回紹介するのは「かげ八重(やえ)梅」:左と「日向爪形光琳梅(ひゅうがつめがたこうりんううめ)」:右です。シンプルだけど、なんだか暖かい紋ですよね。
右の「日向爪形光琳梅」の“光琳”とは、かの有名な尾形光琳です。でも、この図案を彼が作ったというわけではありません。彼の画法の影響を受けた絵師が作った「“光琳好み”のデザイン」という意味だそうです。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-27 23:42 | 植物モチーフの紋

雪の結晶の紋

d0145757_16473124.jpg

冬の紋切り遊びです。ほら、こんなにきれいな雪の結晶が生まれます。
素敵でしょ?冬の季節にピッタリ。紋切り遊びには、このほかにも「なだれ雪輪」や「こもり雪」など、色々な雪の紋切り(紋)があります。

ところでこの紋切りの、美しい六角形の雪の結晶、実はこれを発見したのは江戸時代で、土井禄位(どいとしつら)という下総古河(今の茨城県)のお殿様なんです。

雪の結晶は当時、世界的にも先駆的発見だったそうです。すごいですね!

土井禄位(どいとしつら)は蘭学者の家老と一緒に20年もの間、南蛮渡来の顕微鏡を覗いては忠実にスケッチを続け、遂には『雪華図説』という本まで出版してしまったんです。

これを目にした江戸の町の人々はその美しさにビックリ。すぐに着物や手ぬぐいの柄などに取り入れるなど(雪輪など)大流行し、家紋にまでなったそうです。江戸時代の人たちの好奇心とセンスのよさには脱帽です。

雪の結晶を紋章に取り入れているのは日本くらいなんですって。
今見ても古さを感じさせない、むしろ新しくさえ感じてしまう紋切りの紋様です。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-22 16:49 | 自然モチーフの紋

型紙:初雪・矢雪

d0145757_128198.jpg

以前「紋切りのやり方」でも紹介した紋「初雪」の型紙です。
それだけでは新鮮味がないので、同じ“雪”モチーフの紋「矢雪」の型紙も載せました。

三つ折にした折り紙にこの型紙をのせて切ってみると・・・
[PR]
by hananana7s | 2008-01-22 12:18 | 自然モチーフの紋

紋切りの道具:折り方定規

紋切り遊びで、折り紙を三つ折、五つ折にすることがよくありますが、60度、36度をそのつどはかるのは大変。でもこの「折り方定規」を使えば簡単なんです。
d0145757_23261552.jpg


さっそく紋切りの道具、折り方定規をつくってみましょう。
まず①の線上に三角に折った折り紙の頂点をあわせます。

次に②の線に三角形の底辺をあわせます。

そしてあとは三つ折のときは青い線、五つ折のときは赤い線に合わせて折り紙を折ってください。

簡単にきれいな三つ折、五つ折ができます。

紋切り定規を上手に使えるようになると、紋を切るスピードも上がり、紋切りがますます楽しくなることうけあいです。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-18 23:30 | 紋切りの道具

初雪:つくりかた

d0145757_1715378.jpg

さあ、さっそく紋切り遊びをやってみましょう。
今回は「初雪」という紋を切ってみます。

【注意】写真では、分かりやすいように色の面を外側にしていますが、実際に紋を切るときは中(内側)を表にしてくださいね。型紙がくっついて剥がれなかったりしますから。

①折り紙を三角に折ります。

②紋によって折り方がいくつかあります。この紋は三つ折なので60度に折ります。簡単に折るために紋切り用の折り方定規があります。次回早めにアップしますね。

③裏返します。

④もう片方を折ります。

⑤型紙を貼ります。

⑥型紙通りに切ります。

⑦広げて出来上がり。

簡単でしょう?かわいい紋ですよね。これは雪の結晶のかたちの紋切りで、冬の初めに降る雪は湿気を多く含んでいてこんなふうにまるっこい結晶になるのだとか。切った紋にもその特徴がよくあらわれています。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-17 12:17 | 自然モチーフの紋

紋切りの道具:型紙・色紙・はさみ(カッター)・のり

d0145757_1852259.jpg
「紋切り遊び」とは、江戸時代に始まった、いわゆる「切り絵遊び」です。

皆さんも小さいときに折り紙などを折って作ったことがあるでしょう?

紋切りはとてもシンプル。紙を折り重ね、型紙に沿って切り抜いてそっと開く。すると美しい紋が現れます。たったそれだけで、切り抜く形は単純ですが、広げてみると予想以上に複雑で美しい紋が出来上がります。

門きりで道具も型紙と色紙、はさみ(カッター)、のり、といたってシンプル。一人で、親子で、みんなで楽しめる「粋」な遊びが紋切りなのです。

慣れてくれば多少のアレンジ、オリジナルの紋切りだって作れます。

ぜひ一度お試しください・・・はまりますよ。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-15 18:52 | はじめに 紋切りとは?

小さなモノクロ世界

d0145757_18461869.jpg

「紋切り遊び」をご存知ですか?「紋」とは家紋や着物の織などの模様のことです。

NHKの連続テレビ小説のオープニングでも出てきてますね。

古来我々の先祖は1つの模様に様々な意味や願い、自然への敬愛を表してきました。

「家紋」と聞くと、少々重々しい、とっつきにくさを感じてしまうかも知れませんが、江戸時代人々は紋を切り絵として楽しんでいました。優雅なあそびでしょう?紙とはさみ(もしくはカッター)で簡単に、美しく楽しい小さなモノクロ世界が広がります。

ここでは「紋切り遊び」について、また実際に遊び方をお教えします。また、せっかく作った作品なので、簡単に生活に活かす方法も紹介したいと思います。

紋きり遊びをしていると、「日本人ってすごい!」と感じますよ。
[PR]
by hananana7s | 2008-01-15 18:42 | はじめに 紋切りとは?